goo「今日も元気」を引越してきました。 B型肝炎から肝臓がんになってしまい、2004年5月、2005年の12月と2度切除手術を行いました。 今はがんの方は3ヶ月ごとに経過観察、肝炎の方はラミブジンとアデフォビルで治療中です。

2011年06月04日

アデフォビル耐性の出現か?

久しぶりにblog更新します。
2009年8月依頼ですね! 消されても文句言えませんね。
検査結果は時々更新していましたが

現在の検査結果最新はこれです。

久しぶり過ぎてリンクの挿入の仕方が分からない!!
と思ったら、このblog作成はgoogle chromeだとダメのようです。
Internet Explorerで再度・・・

ずうっと元気でした。体調も・・・絶好調ではありませんが、変りなくと言ったところです。

検査の経過ですが実はヒヤリとしたことがあったのです。
HBV DNA定量がずっと2.1未満と「ケンシュツセズ」を行ったり来たりしていましたが
4月の検査で『2.2』!!!!!
になっていました。 「まさかアデフォビル耐性の出現か??」
これからどんな治療になるのか?費用はどうなるのか?

とりあえず5月の様子をみることにしました。
5月の結果は『2.1未満』に下がっていました。

こんなコトってあるんですね。
『ケンシュツセズ』がずっと続くといいのですが・・・

今月の検査でどうなることやら
posted by flse at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | B型肝炎とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

HBV-DNA再びケンシュツセズ

これが今月の検査結果

やっと「ケンシュツセズ」になったHBV-DNA定量が6月に「1.8以下」に『上昇』していまいましたが、7月の検査では「2.1以下」になりました。
これは検査の方法が変わったためとのこと。 数字上では上がってはいますが変化ないということです。

8月の検査で再び『ケンシュツセズ』になりました。 『ケンシュツセズ』と言ってもウイルスがゼロになったわけではありませんが、一応ここが目標なのでひとまず安心です。 ゼロのままであれば、アデフォビルの耐性ウイルスも出ないと言うことです。 『ケンシュツセズ』が持続することを祈ります。
posted by flse at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | B型肝炎とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

ケンシュツセズまぼろし?

血液検査の結果が出ました。なんとHBV-DNA定量が「ケンシュツセズ」から「1.8未満」に戻ってしまいました。 「ケンシュツセズ」はまぼろしだったのでしょうか? 当然「ケンシュツセズ」が出るものとしか考えていませんでしたから、少しがっかりです。 来月の検査でせめて上昇していないことを祈ります。
posted by flse at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | B型肝炎とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

HBV DNA定量ケンシュツセズ

今月の検査でHBV DNA定量(PCR)が「検出せず」になりました。 (これが経過) 
やっと1.8以下になって喜んでいましたが、「1.8以下」よりも下があったなんて考えていませんでした。

今日の担当医の話では、「このまま検出せずが持続すればラミブジンを止めて、アデフォビルのみにすることを考える。」そうです。 

今、体調・・・好調持続中です。
posted by flse at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | B型肝炎とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

経過を振り返る

経過データ
今までの2回の肝がん手術とB型肝炎治療の経過をグラフに整理しました。

アデフォビル耐性は発生しにくいと聞いています。


そもそも肝がんになってしまったのもB型肝炎ウイルスのせいです。 HBV-DNA量が0に近ければがんのリスクも、肝炎進行のリスクも激減です。 

ラミブジンとアデフォビル両方で月に1万7千円と超高額な薬です。このまま安定してくれることを願います。
posted by flse at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | B型肝炎とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

ウイルス量が下がった

週採血した結果をがんセンターに聞きに行きました。 これが今日の結果です。
GOT33、GPT34と正常になりました。 年初めの肝機能の悪化はやはり風邪薬のせいだったのでしょうか・・・・  それと今回嬉しいことがありました。HBV-DNA量が1.8以下つまり検出可能以下になりました。 ラミブジン耐性が出来てアデフォビルを追加して2年間もの間ずーっと3.8だったのに。 
下がったのは、年初めの肝機能の悪化が引き金になったのでしょうか? とにかく嬉しい限りです。

posted by flse at 23:11| Comment(0) | TrackBack(1) | B型肝炎とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

GOT・GPTが急上昇

1月9日に採血した結果を19日に聞きに行きました。 診察室に入ったとたん先生が慌てた様子で「GOT・GPTが上がっているが何か変調は無いか?」・・・今まで順調だったのがGOTが112、GPTが90でした(検査結果)。 そういえば、採血する3日前に風邪を引き熱が38℃になり、近所の医者で薬をもらい飲みました。 その薬が原因の可能性もあるが、現在の値も調べてみようと言うことで検査を行いました。 結果は、GOTが60にGPTが65に下がっていました。

今回の検査では他のデータも変化していて、HBV-DNA量がずっと3.8のままだったのが2.9に下がっています。 ウイルス量が減ったのはうれしいのですが、肝機能が悪くなり正常な肝臓が減ったためウイルス量も減ったということも考えられるそうです。

それと家に帰ってから気が付いたのですが、AFPがジンワリと上昇傾向にあります。 値としては正常な範囲なので先生は指摘しませんでしたが気になります。 12月のCTでは肝臓に異常なしでしたが・・・

GOT・GPTの上昇の原因もはっきりしないため2週間後の2月2日に血液検査を行うことにしました。 その結果値が下がっていれば上昇の原因は風邪薬であった可能性が高いことになります。

2月2日の検査結果ではっきりすると思います。
posted by flse at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | B型肝炎とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

エコーの結果

今日診察が有り、前回のエコー検査の結果を聞きました。

結果は「問題なし」でした。

先生の話では「B型肝炎患者の肝臓は特に表面が荒れている」そうです。 そのため影のように映るのだそうです。 がんセンターではエコーは技師が撮るので、患者の肝臓の状態で判断せずに怪しいものは全て報告します。 そのため同じ所を何度も検査し、時間がかかったとのことです。

とにかくひとまず安心しました。
posted by flse at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | B型肝炎とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

再発?

久しぶりの更新になります。

 先週10月6日に久しぶりにエコー検査を受けました。 現在がんセンターで肝がんの手術の経過は外科医、肝炎の方は内科医に診てもらっています。 CTは外科医の指示で撮っていましたが前回7月から次回は12月と、それまで4ヶ月で撮っていたのが少し間が開くということになり、B型肝炎を診てもらっている内科医の指示でエコー検査を受けることになったのでした。

 エコーは前回の再発の時、CTを撮るはずだったのが中国出張で代わりの予約が取れずエコーを受けたのでした。 その時エコーを撮っている技師は画面を見ながらよけなことは何も言いませんが、同じ所を何度も確認し明らかに様子がおかしく、しかも頭の上に見える画面には何度も確認している場所になんとなく丸い物が映っているいるように見えました。

 今回久しぶりのエコーでしたが、やはり様子がおかしかったのです。 同じところ何度も確認し、時々一番新しいCTのデーターとも見比べているようでした。 エコーの画面には、今回は丸ではなく、ラグビーボールのような楕円が見えました。 これを何度も確認していたのです。 今までの私のがんは全て丸い形をしていたのでがんではないことを願いますが・・・・ 結果は来週10月20日です。

 今週約1年ぶりにタイに出張に行ってきます。 久しぶりにタイ料理を味わってきたいと思います。

posted by flse at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | B型肝炎とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

無事1000日

google siteの検査データのように今日めでたく1000日となりました。 なんとか、やっとここまで来ました・・・
posted by flse at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | B型肝炎とがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。